MacOSX で CD から携帯電話の着信音を作ってみる

ひさびさに買物をしてきました。ついでに前から欲しかった CD も買うことができて、とても幸せな管理人です。

今日は Mac &  softbank ユーザのための、簡単な、着うたもどきの作り方です。

私の所持している機種 (少し古い vodafone 時代のです) しか動作の確認しておりませんので、あくまでも自己責任でお願い致します。また、くれぐれも、自分で購入した CD で、個人使用のための着信メロディを作るだけにしてください。

Mac 用の変換ツールは Windows に比べて少ないのですが、ここでは、Macintosh版Wave to SMAF コンバータ(WSC-MA2-SMAF)をダウンロードして使います。

iTunes を使って、CD 音源から曲を WAV ファイルとして読み込み、上記のコンバータを使って WAV から SMAF (.mmf) ファイルに変換し、携帯電話に転送します。

まず、着信音にしたい曲がある CD を用意します。

ちなみに、ここでは

今日、買ってきました。優しく、前向きになれる曲です。この内、第 1曲目 LOST HIGHWAY を変換します。

まず、iTunes の環境設定、読み込みタブで、形式を WAV に変更します。

Snap_itunes_1



CD を投入して iTunes に読み込みます。


読み込めたら、さらにコンバータを立ち上げ、ファイルを選択します。音楽ファイルは、デフォルトで、「ミュージックフォルダ」「iTunes」「iTunes Music」「Bon Jovi (アーティスト名)」にあります。

Snap_ma2

01 Lost Highway.wav

を選択します。

Snap_ma22

しばらく待つと、変換が終わります。wav ファイルと同じディレクトリに

01 Lost Highway.mmf

が出来ています。これをてきとうなところに移動させて、名前から空白を削っておきます (空白があると、携帯に転送したとき、空白で名前がとぎれてしまい、音楽ファイルと認識されないことがあります)。

LostHighway.mmf


あとは、メールなり、メモリなりで携帯に転送して保存すれば、出来上がりです。

Lost Highway で 258.1 Kbyte の SMAF ファイルになりました。個人的には満足のいく音声だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iTunes で手持ちの CDから携帯の着うたをつくってみる

私の使用している携帯は J-Phone …ではなくて、vodafone …ではなくて、今は Softbank なんですね。改名するたびにミススペル招きそうな名前になったり、銀行と勘違いされそうな名前になったり、まこと迷惑変化自在な携帯であります。

それはさておき、最近は着うた、つまり、人の声入りの音源を着信音にしたり、そのまま楽曲プレイヤーとして楽しんだりということもできるようになってきました。私は、iPod 激ラブでございますので、それほど携帯に音楽を入れたいわけではありませんが、着信音やアラームに好きな音楽を入れられるというのは魅力的でございます。
とはいえ、好きな音楽はだいたい CD を購入しておりますし、持っている音楽をわざわざ着うたサイトで探して再度購入するというのも、いまいち納得いきません。
携帯に付属していたソフトで CD の音楽を取り込んで携帯に転送することはできるのですが



楽曲プレイヤーの中で使えるだけで、着うたとしては使えません




意味ないです、このソフト。
前置きが長くなりましたが、正規の対価を払って CD を持っている人の為の着うたの作り方。

環境は iTunes for Mac と YAMAHA のフリーソフト SMAF,SMF-Multi オーサリングツール (ATS-MA7-SMAF) です。別に Mac や iTunes である必要はありません。CD から音楽を WAV file として切り出せる環境とソフトがあればよいです。オーサリングツールは MAC Win の両方に対応しています。このソフトをダウンロード、インストールします。着うたにしたい音楽を iTunes 等で WAV file として切り出します。Mac の iTuens のデフォルト設定では、AAC file として切り出すようになっているかもしれません。環境設定で WAV に変更して下さい。WAV file は、AAC file よりもサイズが大きいので、ディスクを圧迫する恐れがあります。普段 AAC で使用している人は、着うた用の音楽の切り出しが終わったら、元に戻しておきましょう。あとは、WAV file をオーサリングツールで .mmf に変換し、メール添付、もしくは、SD などのメディアを介して携帯電話に送り、携帯に保存、設定をします。

注意点としまして。

メールに添付するときにはファイルのサイズに気を付けて下さい。大きいとサーバにはねられて届かない可能性があります。参考までに、とある 1分15秒ほどの音楽を .mmf に変換すると 258KB になりました。

あとは、違法無料着うた は、絶対にいけません。ここで私は、あくまでも、個人で楽しむ範囲で使う方法として、紹介しました。

ところで、携帯電話の楽曲プレイヤーによるフル観賞ではなく、着信音として着うたを楽しむような人なら、音楽のサビの部分だけを切り出して使うことも考えるかも知れません。短い時間だけしか必要ないし、ファイルサイズも小さくなりますからね。これは Linux のアプリケーションを使って試してみました。気が向きましたら、またの機会に書きます。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

Apple Store 心斎橋店

先日、相棒と Apple Store 心斎橋店へ初めて行ってきました。
行こう行こうと思いつつ、ずるずると先延ばしでしたから、ようやくといいますか、今さら、といいますか。

平日でしたので空いていました。
店員さんがわらわらと、暇を持て余し気味の御様子。
警備員さんが直立不動でわたくしどもを監視していました。
きっと相方が挙動不審だったのでしょう。

空間が贅沢に使われていて、お洒落でしたね。
マニアックなものはありませんが、販売中の製品にいろいろなアクセサリをつけたものがディスプレイされていて、購買意欲がかきたてられます。
お金はありませんが。

しかし、実物を見ると、iPod shuffle は本当に小さいですね。
Tシャツに付けていたら、そのまま洗濯した、なんてことはないでしょうか。

MacBook Proもいいけど、黒い MacBookが気になります。
なんせ、G3ユーザなものですから、黒復活は嬉しいんです。

2Fでは無料セミナーも行われていましたが、受講者 0で講師の方がなんだか気の毒でした。
ちなみに、相方はセミナーの内容とはまったく関係ない質問を講師にしていました。

あ、このブログでは、たぶんパソコン関係が主になると思います。
まだ方向性は定まっていませんので、どうなるかはわかりませんが、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)