« Vine Linux を 4.1から 4.2へアップグレードしてみる | トップページ | Vine Linux で KeyJnote を使ってみる »

Sylpheed で Gmail を使ってみる

不眠症気味な管理人でございます。

身体が冷えて眠れません。
こういうときは、ナイトキャップに限ります。ここでいう、ナイトキャップとは、かぶる方ではなく、勿論、呑む方でございます。

暦を見ると、今日は七日。日付が変わったばかりとは言え、胃腸を休める日です。

しばしの葛藤の後、エタノール系はやめて、ホットミルクにしておきました。


Linux ネタではありませんが、Vine Linux で使っているメーラの一つ、Sylpheed の Gmail 送受信の設定についてでございます。ヴァージョンは Sylpheed 2.2.10 (sylpheed-2.2.10-vl1.3) です。

まず、Google にアカウントを作成し、Gmail が Web ブラウザ上で送受信できるように設定致します。

ブラウザから Gmail にアクセスした状態で、右上の[設定]を選択します。

さらに、[メール転送と POP 設定]を選択します。

そこで、[すべてのメールで POP を有効にする(ダウンロード済みのメールを含む)]をチェックし、[変更を保存]します。

Sylpheed を立ち上げ、[設定]->[新規アカウントの設定]を選択します。

まず、[基本]タブで名前(適当)、メールアドレス、サーバ、ユーザID、パスワードを入力します。ユーザIDは、Gmailメールアドレスです。

Gmail1


[受信]タブで、お好みでサーバ操作や振り分けを設定します。

Gmail2


[送信]タブで、SMTP認証にチェックをいれます。

Gmail3


[SSL]タブで、SSL使用にチェックをいれます。

Gmail4


[高度な設定]で、ポート番号を入力します。

Gmail5


これでメーラの送受信はうまくいくはずです。
職場、プライベート用のプロバイダメール、Yahoo!メール、Gmailなど、お好みで使い分けることができます。

お休みなさいませ。

|

« Vine Linux を 4.1から 4.2へアップグレードしてみる | トップページ | Vine Linux で KeyJnote を使ってみる »

Linux」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200700/17605328

この記事へのトラックバック一覧です: Sylpheed で Gmail を使ってみる:

« Vine Linux を 4.1から 4.2へアップグレードしてみる | トップページ | Vine Linux で KeyJnote を使ってみる »