« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

Vine Linux で文献管理ソフト JabRef 2.3 を設定してみる

巷では、額に心臓模様のある競争馬が流行っているようですが、あまり心が動かない管理人でございます。

額に白斑のある馬って、的盧を想像してしまうので…。
三國志にでてくる凶馬なのですが、この馬、持ち主のピンチを救ってくれると見るか、ピンチを招くと見るか、微妙な心持ちになるのでございます。

ああ、黒い馬体に白斑が林檎模様だったらちょっと嬉しいかもしれません。
名前は iHorse...

妄想終わり。


JabRef 2.2 が 2.3 にアップグレードし、それに伴い Jab2HTML も 2.03 から 2.10 に更新されたようなので、入れ換えてみました。

初めて JabRef を導入する方は、まず JDK をインストールしておきます(参考: Vine Linux で文献管理ソフト JabRef を使ってみる)。

JabRef の WebPage -> Download -> JabRef-2.3.jar をダウンロードします。さらに、JabRefによるBibTeX文献管理とJab2HTML から、Jab2HTML.zip をダウンロードします。

例えば、ユーザ hoge のホームデイレクトリの元で、文献管理用のディレクトリを以下のように決めます。

/home/hoge/Ref   % main ディレクトリ

/home/hoge/Ref/PDF  % 文献 PDF ファイル

/home/hoge/Ref/PS   % 文献 PS ファイル

main ディレクトリに JabRef-2.3.jar と Jab2HTML.zip を置きます。

$ java -jar /home/hoge/Ref/JavRef-2.3.jar &

で JabRef が立ち上がることを確認しておきます。

main ディレクトリで、Jab2HTML.zip を解凍します。

$ unzip Jab2HTML.zip
Archive:  Jab2HTML.zip
  inflating: Jab2HTML/CustomEx/Jab2HTML.begin.layout
  inflating: Jab2HTML/CustomEx/Jab2HTML.end.layout
  inflating: Jab2HTML/CustomEx/Jab2HTML.layout
  inflating: Jab2HTML/JP-Readme.txt
  inflating: Jab2HTML/Pref-Jab2HTML.xml
  inflating: Jab2HTML/Readme.txt

設定します。

JabRefを起動して、[Options]->[Preferences]->[Import preferences]
-> Enter path or folder name: に
/home/hoge/Ref/Jab2HTML/Pref-Jab2HTML.xml
を指定します。

[Options]->[Preferences]->[Appearance] -> Table Appearance -> Set table font の Font Family に、日本語フォント (ex. VL PGotic) を指定します。

[Options]->[Preferences]->[External programs]にディレクトリや外部プログラムを設定します。

Pref

lyx がインストールされていないなら、インストールしておきます。

$ sudo apt-get install lyx

PDF ビューアには、デフォルトで evince  になっているようです。Adobe Reader に変更する時は、

[Options]->[Preferences]->[External programs] -> Manage external file types

から PDF の Application を acroread に変更します。( Adobe Reader のインストールは Vine Linux に Adobe Reader 8.1.1 をインストールしてみる をどうぞ。)

[Options]->[Preferences]->[Entry preview]
で、MS Gothic の箇所を VL PGothic など、システムに存在する日本語フォントに書き直します。

Prev



タブに file の項目が追加されました。

Jabref1_2


Preview にも file の項目が追加されました。

Jabref2_2


今まで指定した Pdf file の内容が、file 項目に移動されて、Pdf の項目が空になっています。ここももう一度、指定し直したほうがよいのでしょうか?

Jabref3_2


日本語がうまく表示されました。

Jabref4_3


…と思いましたら、BibTeX Source タブの日本語は豆腐のままでした。orz

Jabref5_2


lyx によって、一部 TeX の表示が可能になっているようです。(Author のアクセント記号)

Jabref6

Thanks to:

JabRef reference manager
JabRefによるBibTeX文献管理とJab2HTML

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Vine Linux で Cisco VPN Client を使ってみる

視力が下がってきた上に、毎朝、目にかさぶたができて、目が開かなくなる日が続く管理人でございます。

先日は職場でめまいを起こしてダウン。
全身には湿疹。
皮膚科での診察では、ストレスが原因と言われました。

今日は眼科へ行ってきましたら、眼瞼縁炎および結膜炎との診断でした。

弱り目にただれ目。(=_=)

見た目がほとんど弱った捨て猫状態です。
問題をできるだけ早急に解決しないと、次は何が起こるか分かりません。


本日のお題は VPN でございます。
自宅にいながらにして、職場の LAN 環境に接続しているかのような環境に身を置くことができますので、ひきこもり SOHO 的な仕事形態をお望みの方には便利かと思います。

私は現在、事情あって職場に行くことが難しいので、VPN は以前から重宝しております。普通、自宅のインターネット環境では、職場外からの閲覧が不可能な職場内専用 Web ページにアクセスできませんが、VPN 接続を通せば閲覧可能です。さらに、Google Scholar などを通しての論文検索も、職場内のパソコンから接続しているときと同様に使うことができます(職場がオンライン購読している雑誌を閲覧、ダウンロードすることが可能)。
また、ssh や、scpなどのコマンドを使って、職場内パソコンにアクセスして作業することも可能です。職場のメールアドレスを使った送受信も可能です(メールサーバの設定にもよりますが)。動作はかなり重いですが、リモートマシンの X アプリケーションを表示することもできます。

まずは、ご自身の職場に VPN 接続が可能かどうか、調べましょう。VPN接続が可能なら、管理課に VPN 利用の申請手続きをします。接続のためのユーザプロファイル設定情報なども仕入れておきましょう。

さらに、自分の自宅のインターネット環境で VPN を使えるかどうか、調べましょう(インターネット接続ができていることは前提としています)。大手のプロバイダでしたら恐らく大丈夫です。接続環境によって(光?ADSL?)も違います。接続機器(ADSL モデム等)の設定が必要な場合もあります。

ソフト vpnclient-linux-XX.tar.gz を用意しましょう。職場からダウンロードできる場合がほとんどですが、私の職場のソフトはヴァージョンが古かったので、サーチエンジンで検索して新しいのを探しました。新しいカーネルの場合には、パッチが必要なときもあるようですが、Vine Linux 4.1 の現環境 (kernel-2.6.16-0vl76.3) では、vpnclient-linux-4.8.00.0490-k9.tar.gz が動作しました。
カーネルソースがインストールされていないときは、インストールしておきます。

# apt-get install kernel-source

ダウンロードした vpnclient を展開してインストールします。

# tar zxvf vpnclient-linux-4.800.0490-k9.tar.gz

# cd vpnclient

# ./vpn_install

Cisco Systems VPN Client Version 4.8.00 (0490) Linux Installer
Copyright (C) 1998-2005 Cisco Systems, Inc. All Rights Reserved.

By installing this product you agree that you have read the
license.txt file (The VPN Client license) and will comply with
its terms.

Directory where binaries will be installed [/usr/local/bin]

Automatically start the VPN service at boot time [yes]yes

In order to build the VPN kernel module, you must have the
kernel headers for the version of the kernel you are running.

...

Directory containing linux kernel source code [/lib/modules/2.6.16-0vl76.3/build]

...

VPN Client ソフトのユーザプロファイルを設定します。

# cd /etc/CiscoSystemsVPNClient/Profiles

sample.pcf を適当なファイル名にコピーして編集します。

# cp sample.pcf hoge.pcf

hoge.pcf の Host, GroupName などを記述しておきます。


# /etc/init.d/vpnclient_init start


$ sudo vpnclient connect hoge
Cisco Systems VPN Client Version 4.8.00 (0490)
Copyright (C) 1998-2005 Cisco Systems, Inc. All Rights Reserved.
Client Type(s): Linux
Running on: Linux 2.6.16-0vl76.3 #1 SMP Sun Jun 17 14:32:18 JST 2007 i686
Config file directory: /etc/opt/cisco-vpnclient

Initializing the VPN connection.
Contacting the gateway at ***.***.***.***
Contacting the gateway at ***.***.***.*** (balancing)
User Authentication for hoge...

Enter Username and Password.
Username [※アカウントのユーザ名]:
※アカウントのユーザ名を入力してください。
Password []:
※アカウントのパスワードを入力してください。
Authenticating user.
Negotiating security policies.
Securing communication channel.

Your VPN connection is secure.

VPN tunnel information.
Client address: ***.***.***.***
Server address: ***.***.***.***
Encryption: 168-bit 3-DES
Authentication: HMAC-MD5
IP Compression: None
NAT passthrough is active on port UDP 4500


無事つながりました。後は自由自在です。
メール送受信は職場の環境設定にすれば、職場のアドレスで送受信できるはずです。ブラウザの設定は、職場のプロキシ設定にしておきましょう。
terminal から職場のマシンにリモートで入って作業することも、ファイルの移動も scp などで行えます。

接続を切るときは [Ctrl] + C です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Vine Linux に Adobe Reader 8.1.1 をインストールしてみる

円形脱毛症になり始めた管理人でございます。

長髪なので、なんとか隠せていますが。

…相談機関へいけば、少しは楽になれるのでしょうか。



さて、

『PDF』ファイルの脆弱性対応を逆手に取るクラッカー

10月30日11時23分配信 japan.internet.com


というニュースを読みましたので、早速 AdobeReader をアップグレードすることにしました。もっとも、Windows ユーザでもなければ IE7 を使っているわけでもありませんが。

Adobe のダウンロードサイトから rpm ファイルをダウンロードします。

インストールします。

$ sudo rpm -Uvh AdobeReader_jpn-8.1.1-1.i486.rpm

起動してみます。

$ acroread &

以下のような、エラーが出ました。

error while loading shared libraries: libstdc++.so.6: cannot handle TLS data

このエラーは、Vine Linux ではおなじみのエラーです。
まず、libstdc++34 がインストールされているか確認します。

$ rpm -q libstdc++34
libstdc++34-4.0.2-0vl3

もし、

$ rpm -q libstdc++34
パッケージ libstdc++34 はインストールされていません。

なら、パッケージをインストールしましょう。

$ sudo apt-get install libstdc++34

起動ファイルに libstdc++.so.6 をあらかじめ読ませるように、

$ sudo vi /opt/Adobe/Reader8/bin/acroread

で acroread ファイルを開き、最初の方の適当な位置に

export LD_PRELOAD=/usr/lib/libstdc++.so.6

と追加しておきます。

$ acroread &

今度は起動するはずです。

起動したら、

HTML レンダリングライブラリ(libgtkembedmoz)が見つかり
ません。編集/環境設定/インターネットを選択してフォルダの
場所を指定してください。

と警告がでます。

$ sudo find / -name "libgtkembedmoz*" -print

/usr/lib/thunderbird-2.0/libgtkembedmoz.so
/usr/lib/firefox-2.0/libgtkembedmoz.so
/usr/lib/kompozer/libgtkembedmoz.so

ということなので、編集/環境設定/インターネットを選択して

/usr/lib/firefox-2.0/

と選択しておきます。

続きを読む "Vine Linux に Adobe Reader 8.1.1 をインストールしてみる"

| | コメント (5) | トラックバック (3)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »