« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

Vine Linux で文献管理ソフト JabRef を設定してみる

昼夜の区別がなくなってきた管理人でございます。

ごはんを食べるタイミングに、ふと疑問を持ち始めるこの頃でございます。
寝る前に食べていいのか、とか、食事と食事の間の時間は適切か、とか、一日二食でいいのか、とか、これは朝ごはんなのか、とか。

まあ、どうでもいいですが。

JabRef 日本語表示と設定について、少々書き足します。

まず、table の日本語表示は
[Option] -> [Preferences] -> [Appearance] -> [Set table font]
の Font Family を日本語の表示できる font に設定します。
ここでは VL PGothic を選んでみました。

Pref_appear

preview の日本語表示は
[Option] -> [Preferences] -> [Entry Previe]
の <font face = "arial"> の arial の箇所を日本語の表示できる font に書き換えます。

Pref_entryprev

英語文献はこんな感じです。

Jabref_article1_2


日本語文献はこんな感じです。日本語が表示できています。

Jabref_book1

おや、タブは日本語が表示されませんね。

Jabref_book2_2

JabRef のファイルのどこかにある font の箇所を修正すればよさそうなのですが…今後の課題にしましょう。

おまけに、Gnome パネルのカスタムアプリケーションの追加についてです。
パネルを右クリックして「パネルへ追加」「カスタムアプリケーションの追加」を選びます。
ランチャの作成に以下のように記入します。

Icon1_2

コマンドには、ダウンロードした JabRef-2.2.jar のあるフルパスで実行するように記述しておきます。
アイコンは、どこか適当なところで

$ unzip JabRef-2.2.jar

として zip file を解凍すると、images  ディレクトリにアイコン画像があるので、それを選択します。

"JR" のロゴなのでしょうけど、 ほとんど "R" に見えますね。

というか、むしろ、Japan Railway Company...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Vine Linux で文献管理ソフト JabRef を使ってみる

ひきこもりには本とネットと音楽が欠かせない管理人です。

もうちょっと回復してから、行動します。>友人



書籍から論文まで、データベース化して管理するのに便利なものはないかと思い、JabRef を使ってみました。

まずは、jdk をインストールします。


日本語のほうがよいのでやっぱりこちらにします。

JDK 6 Update 3 をダウンロードします。

スーパーユーザで

# chmod +x jdk-6u3-linux-i586-rpm.bin
# ./jdk-6u3-linux-i586-rpm.bin

何回かスペースキーを押してライセンス契約を読み、最後に同意する
(yes) を入力します。

Do you agree to the above license terms? [yes or no]
yes
Unpacking...
Checksumming...
Extracting...
UnZipSFX 5.50 of 17 February 2002, by Info-ZIP (Zip-Bugs@lists.wku.edu).
replace jdk-6u3-linux-i586.rpm? [y]es, [n]o, [A]ll, [N]one, [r]ename: A
  inflating: jdk-6u3-linux-i586.rpm
  inflating: sun-javadb-common-10.2.2-0.1.i386.rpm
  inflating: sun-javadb-core-10.2.2-0.1.i386.rpm
  inflating: sun-javadb-client-10.2.2-0.1.i386.rpm
  inflating: sun-javadb-demo-10.2.2-0.1.i386.rpm
  inflating: sun-javadb-docs-10.2.2-0.1.i386.rpm
  inflating: sun-javadb-javadoc-10.2.2-0.1.i386.rpm
準備中...                   ########################################### [100%]
   1:jdk                    ########################################### [100%]
Unpacking JAR files...
        rt.jar...
        jsse.jar...
        charsets.jar...
        tools.jar...
        localedata.jar...
        plugin.jar...
        javaws.jar...
        deploy.jar...
Installing JavaDB
準備中...                   ########################################### [100%]
   1:sun-javadb-common      ########################################### [ 17%]
   2:sun-javadb-core        ########################################### [ 33%]
   3:sun-javadb-client      ########################################### [ 50%]
   4:sun-javadb-demo        ########################################### [ 67%]
   5:sun-javadb-docs        ########################################### [ 83%]
   6:sun-javadb-javadoc     ########################################### [100%]

Done.

rpm パッケージがいろいろインストールされました。

JabRef をインストールします。

latest stable version を選択します。

JabRef-2.2.jar をダウンロードします。

$ java -jar JabRef-2.2.jar &

で立ち上がります。

html へエクスポートしたり、Google Scholar へのリンクを行うためにJab2HTML.zip をダウンロード、展開します。

JabRefを起動して、[Options][Preferences]をクリックします。
[Import preferences]をクリックして、[1]で移した『Pref-Jab2HTML.xml』をクリックします。

あとは、既存の .bib ファイルを開いたり、追加編集したり、html などへエクスポートしたり、お好みで管理ができます。

 

便利ですよ。


http://jabref.sourceforge.net/documentation.php

http://keijisaito.info/arc/biblio/jabref_jbib.htm

| | コメント (1) | トラックバック (1)

ひとりごと

仕事場に出られなくなった管理人でございます。


同僚から、薄ら笑いを浮かべた謝罪をされ、私が反論すれば威嚇され、逆切れされました。
過去には仕事や人格の否定に、ミスを人前をさけて指摘すればそれを公的に誹謗中傷---

なんだか精神的に脆弱になってきました。
私はそんなに馬鹿にされても仕方のない存在なのかと。

自分の暴言を暴言と気付かないような人は、過去に自分も他人から同じような言葉をかけられてきていて、歪んだ復讐の連鎖でも起こしているのでしょうか。

こういう人の存在が視界に入るだけで、仕事の生産性を損なってしまうようになったので、ひきこもり環境を充実させています。


私の仕事の仕方や、まわりとの接し方、業務分野の特殊性、こういったことを理解しようとするどころか、よく知りもしないで、否定と批判をし、全てにおいて自分の考え方ややり方が正しいと言わんがばかりの、
他人との境界も分からないような人間---
反論されると逆切れし、考え方の多様性を認めることができず、
自分が私の行動や考え方が分からないのは私がおかしいせいで、自分の理解能力を疑うこともできない人間---
自分の思い通りにならないからという理由で暴力的で排斥的な行動をとる、攻撃的で傲慢で、見下す対象には横柄な態度をとる人間は苦手です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »